前衛派の旗手たち(その三)より北園克衛、高柳重信と来ると、ここは、寺山修司よりも、年代的にも、ジャンルからいっても、塚本邦雄ということになろう。邦雄は重信よりも三歳年長ということになる。邦雄について、ネット記事(「ウィキペディア」)を次に付記しておきたい。

塚本 邦雄(つかもと くにお、1920年 8月7日 – 2005年 6月9日)は、日本の歌人、詩人、評論家、小説家。. 寺山修司、岡井隆とともに「前衛短歌の三雄」と称され、独自の絢爛な語彙とイメージを駆使した旺盛な創作を成した。 若い頃の別名に碧川瞬、火原翔(この二つは、日本現代詩歌文学館

塚本邦雄の短歌は難解で晦渋で、さらに旧字旧仮名表記という障壁があって、歌集のタイトルも厳めしいので、その雰囲気だけで敬遠している人が多いのではないだろうか。 しかし、実際は一読してすぐに意味のわかる作品、ユーモラスな作品もかなりあるので「続・塚本邦雄歌集」収録の

それで本書は塚本邦雄論ではない。塚本邦雄というオモチャで遊んでみたのである。塚本邦雄の短歌は、こんな好き勝手な読み方ができる上等なオモチャである。変な知識はもとより不要。おやつを食べながら、寝転んで読むものである。

【ホンシェルジュ】 現代短歌を語る上で欠かせない歌人、塚本邦雄。耽美的且つ写実的な表現とメタファーで表現される彼の出現により、現代短歌は完全に確立したと言っても過言ではありません。短歌好きでもそうでない人にも、一度は読んで欲しい塚本作品をご紹介します。

もとは1971年刊(人文書院)、わたしが持っているのは88年刊の定本版になります。 塚本邦雄の最初の評論集です。. 一発目とあって一編一編が濃くてあつく、「短歌考幻学」や坪野哲久論「われきらめかず」など、代表作も多数収録しています。

塚本は短歌と和歌の57577という定型を大前提に、このズレを独自に創意したのだ。 塚本邦雄の歌には、実は多くの作家たちの人名や伝説上の人名や神名が織り込まれている。 ☆伊丹萬作誕生日とてすみやかに暮れたり行きは青墨の香ぞ

前衛短歌運動を主導した戦後の代表的歌人で元近畿大教授の塚本邦雄さんが9日午後3時54分、呼吸不全のため大阪府守口市の病院で亡くなった。 84歳だった。葬儀は13日の予定。自宅は東大阪市南鴻池町。喪主は長男で作家の青史さん。

Amazonで塚本 邦雄の王朝百首 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。塚本 邦雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また王朝百首 (講談社文芸文庫)もアマゾン配送商品なら

4.8/5(9)

寺山修司の有名な短歌「マッチ擦るつかのま海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや」は、塚本邦雄のパクリだとも言われたりしておりますが、塚本の歌はどんなものだったでしょうか。 塚本邦雄様の短歌

Read: 8267

塚本邦雄の著作権継承者でもあることから、塚本邦雄創刊歌誌「玲瓏」の発行人になって、短歌結社の活動を手助けしている。2003年から2016年まで、『短歌研究』(短歌研究社)の奇数月号には、邦雄にまつわる逸話を連載していた。

国籍: 日本

斎藤茂吉の短歌『赤光』代表作「木のもとに梅はめば酸しをさな妻ひとにさにづらふ時たちにけり」に読みやすい現代語訳を付けました。語の注解と句切れなど表現技法、鑑賞のポイント、佐藤佐太郎の解説、『作歌40年』より茂吉の自解も併記

『茂吉秀歌』は、塚本邦雄による斎藤茂吉の秀歌鑑賞のシリーズで、全5巻。 (初版は1977年~1987年刊、文藝春秋から) これはその2巻目にあたるものです。 茂吉の全17歌集を5巻にわたって読んでいく、けっこう長大なシリーズなのですが、

そして、それを参考にしつつ、今年の目標である、塚本邦雄氏の短歌を解明し、少しでも氏に迫りたいと思っています。 (平成15年1月1日) もっとも私と遠い存在と思われる塚本邦雄氏にどれだけ肉薄できるか、今年のひとつの目標としています。

斎藤茂吉の短歌作品、第3歌集『つゆじも』の代表作一首ずつに読みやすい現代語訳を付けました。語の注解と解説、表現技法や句切れ、解釈や鑑賞のポイント。『作歌四十年』から斎藤茂吉の自註、佐藤佐太郎の『茂吉秀歌』、塚本邦雄他の解説も併記

Amazonで塚本 邦雄の塚本邦雄全歌集 文庫版〈第1巻〉 (短歌研究文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。塚本 邦雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また塚本邦雄全歌集 文庫版〈第1巻〉 (短歌研究文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

3.7/5(4)

塚本邦雄と菱川善夫が存在しなければ、文学としての現代短歌は出現しなかった。菱川善夫は、塚本邦雄の歌人としての精力的な活動を、文学理論的に裏付け、二人は文学としての短歌創造のための両輪として駆動してきた。塚本邦雄亡き後も、菱川善夫は塚本短歌を

塚本邦雄さんの「ずぶ濡れの-」の短歌について. 塚本邦雄さんの 「ずぶ濡れのラガー奔るを見おろせり未来にむけるものみな走る」 の短歌の区切れ、感動の中心、大意を教えてください。 新大阪駅か塚本駅のコインロッカー、荷物預かり所について

塚本邦雄が毎年膨大な数の短歌を制作してはb4判(?)縦書きの原稿用紙あるいは縦罫用紙に歌稿ノートとして清書し、厳選に厳選を重ねて代表作たるべき歌集収録作品を選んでいたことがわかります。

柿本人麻呂から寺山修司、塚本邦雄まで、日本の代表的歌人の秀歌そのものを、堪能できるように編んだ、初めてのアンソロジー、全六〇冊。「コレクション日本歌人選」の第1回配本、塚本邦雄です。

The latest Tweets from 塚本邦雄 (@tsukamotoK_bot). 歌人・塚本邦雄(1920年8月7日 – 2005年6月9日)の短歌をおもにお届けします ※正字は当用漢字に変更しています. 日本

フォロワー数: 1.9K

ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺ほほえみに/にて はるかなれ/しもつきの/かじのなかなる/ピアノいちだい塚本邦雄しばらく短歌を読むことなど忘れさっていたのだが、仕事に追われる日々の鬱屈の中に、ふとこの歌が頭に浮かんだ。

「やは肌の晶子」と呼ばれていた与謝野晶子の短歌には、情熱的といわれるものが多くあります。その一方で、寂しさを感じるような自然の風景を詠んだものも多く残されています。 そして、晶子が生涯で詠んだ短歌は5万首にも及ぶといわれ・・・

愉しいアンソロジーだ。当然のことながら、塚本の個性凜々と光っている選歌句であり、選評である。全103歌句の近現代誌。 読者は時に共感し、時に違和感もあり、この本と対話しつつ、素敵な時を過ごすことが出来る。 2014/12/1 塚本邦雄『秀吟百趣』(講談社文芸文庫)を読む。

デジタル大辞泉 – 塚本邦雄の用語解説 – [1922~2005]歌人。滋賀の生まれ。前川佐美雄に師事。前衛短歌運動の旗手として活躍した。「日本人霊歌」で現代歌人協会賞、「不変律」で迢空(ちょうくう)賞、「魔王」ほかで現代短歌大賞。歌集「水葬物語」「水銀伝説」、評論に「定家百首

※「見えないもの」塚本邦雄(角川書店「短歌」1968年4月号)より 塚本の著作を代表するものは以下全24冊の序数歌集である。 塚本はそのタイトルや装丁、頁内の収録数と順番までを意図的に完全に構成

塚本邦雄(つかもと・くにお) 春の夜の夢ばかりなる枕頭にあっあかねさす召集令状 歌集『波瀾』(昭和64年・1989) 註 巨匠晩年の問題作。 周防内侍「春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ」(小倉百人一首 67、千載和歌集 964)の本歌取り。

歌人。1962年、北海道札幌市生まれ。「かばん」所属。1981年北海道大学文学部に入学、在学中に塚本邦雄の作品に出会い短歌に興味を持つ。1982年北大を退学、1983年上智大学文学部に入学、1985年短歌の創作を始める。

戀に死すてふ とほき檜のはつ霜にわれらがくちびるの火ぞ冷ゆる おおはるかなる沖には雪のふるものを胡椒こぼれしあかときの皿 馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人戀はば人あやむるこころ ――「花曜」、『感幻楽』より 塚本邦雄が生涯に遺した膨大な短歌のほとんどすべてが言語実験の

短歌の世界でも、春日井建や塚本邦雄は、同性愛的なものを耽美的に描きましたし、最近では僕と同じくオープンリーゲイで結社「短歌人」に所属する同年代の鈴掛真さんなどが大変活躍されています。

さて「地名」の固有名詞について多く述べることができなかった。「新歌枕東西百景」を代表に、塚本邦雄は移しい地名の引用者でもある。それらは作者の趣味の傾向を反映しているものであるにはちがい

ゲイ的短歌は、遡ればどこに行くのかと、少し辿ると、間に何人かはいるだろうが、大御所と言えば寺山修司と塚本邦雄に行きつくように思う。寺山修司は、美輪明宏さんの健在もあって(美輪さんの代表作『毛皮のマリー』の作者が寺山修司)、今でも

宮仕えの身に戻ったペンギン君に同情しつつ、有名な短歌をひとつ。「日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも」 塚本邦雄の代表作で、戦後十数年たったころの歌だ。

塚本邦雄 、短歌新聞社 、平1・4 、1冊 ペン識語落款箋貼付 初カバー帯 カバー帯少痛 けやき書店. 火と水の対話. けやき書店 東京都千代田区神田神保町

加藤治郎、荻原裕幸とともに1990年代の「ニューウェーブ短歌」運動を推進した、現代短歌を代表 北海道大学在学中に、友人の影響で塚本邦雄 2002年、日本経済新聞「プロムナード」欄掲載作を中心とした初のエッセイ集『世界音痴』を刊行。

インタビュー=塚本靑史. 発掘!未発表私小説二作一挙掲載 「悪筆草子」「飲食の記」解題「塚本邦雄の原点」島内景二 特別対談再録 小池光&花山多佳子 「茂吉短歌をたっぷり語る」 書評. 本多稜│三井修歌集『海泡石』 永井裕│坂井修一歌集『古酒騒乱』

現代短歌には、上の句から下の句への想像もできないような“飛躍”が魅力的な作品が多数あります。今回は、斉藤斎藤、中澤系といった現代若手歌人の短歌をクイズ形式でご紹介!あなたは何問正解できるで

特に有名な短歌、代表作品は? 与 謝野晶子の 有名な短歌、代表作品 にはどんなものがあるのでしょうか。 有名な短歌 は、1904年の「君死にたまふことなかれ」でしょうか。 代表作品 は、1901年の「みだれ髪」、1912~1913年の「新訳源氏物語」があります。

Twitter 毎日更新! 高校生新聞(大学受験ニュース) 学生街 gakuseigai 塚本邦雄 ずぶ濡れのラガー奔るを見下ろせり未来にむけるものみな走るの「ラガー奔る」と「みな走る」は、どのような違いがあるのでしょうか?「奔る」と「走る

短歌の世界でも、春日井建や塚本邦雄は、同性愛的なものを耽美的に描きましたし、最近では僕と同じくオープンリーゲイで結社「短歌人」に所属する同年代の鈴掛真さんなどが大変活躍されています。

中井 英夫(なかい ひでお、本名同じ、1922年(大正11年)9月17日 – 1993年(平成5年)12月10日)は、日本の短歌 編集者、小説家、詩人。 三大奇書とされる代表作の『虚無への供物』の作者として著名であるが、ノヴェレット主体のマニエリスティクな推理小説・幻想文学において知られている。

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや寺山修司 富沢赤黄男の俳句、 一本のマッチをすれば湖は霧の本歌取り、というか、パクリ。新古今時代以来の本歌取り論に従えば、本歌取りは、既存の作品の独自表現は使わない。これは、富沢の作品の核心部分をまるっとコピー

ここに掲げた歌人たちの代表作を見たいが、順番や取捨選択は変動することがある。 現代短歌の文体に決定的な影響を与えた寺山修司、塚本邦雄、岡井隆、葛原妙子、春日井健、永井陽子、穂村弘らは、数回にわたって眺め続けることにしたい。

これが、河野の代表作であり、現代短歌の代表作と知るのは、もちろんずーっと後のことです。今となっては、ガサッもそうですが、初句の「たとへば君」が斬新だなあ、という感想をもちます。 もう一つ。資料集には、塚本邦雄の作品がありました。

塚本邦雄 『詩魂紺碧 ― 詩歌の末来』 塚本邦雄 『百珠百華 ― 葛原妙子の宇宙』 (新装版) 塚本邦雄 『詩趣酣酣』 塚本邦雄 『独断の栄耀 ― 聖書見ザルハ遺恨ノ事』 塚本邦雄 『新古今新考 ― 断崖の美学』 塚本邦雄 『雪月花』

塚本邦雄 第三歌集 『日本人靈歌』 この作品集で、僕は短歌といふもつとも古典的な定型詩の内蔵する、重要な機能の一つである暗示力をつよく喚起して、一種の黙示録(アポカリプス)的世界を形成し、その時間と空間をこえたリアリティをもつて今日

初期の歌集を蒐集するには、既に遲すぎたが、これ以降のものは殘らず蒐めようと決意した。また、 聞くところによれば、塚本邦雄は「茴香變」刊行を機に、出版など一切を名古屋の政田岑生氏(書肆季節社社主)に 委ねたとのことであつた。

「近代短歌にくっきりとした終止符を打ったのが、塚本邦雄に代表される前衛短歌運動であった。近代短歌と現代短歌をどこで分けるのかについては、短歌史上でもなお諸説があるが、前衛短歌の出現を以てその区切りとするという見方が、ほぼ定着しつつ

短歌の57577の最後の「7」をとある曲の歌詞からパクってしまいました検索をしたらその曲が出てきました良かったものはコンクールに出すそうです。選ばれないとは思うのですがとても不安ですまだ先生に出したばかりです。これって盗作に

塚本邦雄『魔王』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

塚本邦雄 百首 91 ~ 100 . 91. 秋風に壓さるる鉄扉ぢりぢりと晩年の父がわれにちかづく 【魔王】 本当は自分の方が、晩年の父に近づいているはずですよね。父の晩年というのは、おそらくもう固定されて

本書の内容 ※第1巻 短歌1 は函に傷みがあります。 【日本図書館協会選定図書】 三島由紀夫・中井英夫らの知遇を得、岡井隆・寺山修司らと呼応する斬新な「前衛短歌運動」を展開した塚本邦雄の全業を初

現代歌人協会主催。”対象年度に刊行された新人の歌集を対象”とした賞(第58回)。現代歌人協会員の推挙を経て、選考委員が候補歌集を選出し、討議によって受賞歌集を決定。なお、候補となった歌集の著者と同じ結社に所属する選考委員は討議に加わることが

[mixi]塚本邦雄 好きな筭本邦雄の歌 並べてみると面白いかもしれません。 あまり詳しく短歌を知っているわけではありませんが、この二つのことを折に触れてよく思い出します。 此花櫻さんの一首は塚本氏の代表とも言うべき有名な歌ですね。

第一歌集「青年霊歌」に収められた初期作はこういった作風である。塚本邦雄と寺山修司の影響が色濃く、前衛短歌的な修辞を用いて現代の都市風景や風俗を描き出すことに特徴があった。この頃はまれに口語が混じる文語形式を基本としていた。

塚本邦雄の著作権継承者でもあることから、塚本邦雄創刊歌誌「玲瓏」の発行人になって、短歌結社の活動を手助けしている。2003年から2016年まで、『短歌研究』(短歌研究社)の奇数月号には、邦雄にまつわる逸話を連載していた。

独自の観念世界を紡ぎ出した異形の歌人・塚本邦雄が藤原定家に挑んだ歌合わせの書と聞き及び、興味津々で『新撰 小倉百人一首』(塚本邦雄著、講談社文芸文庫)を手にした。 定家が撰した小倉百人一首は凡作ばかりだと公言してきた塚本が、定家が撰んだのと同じ歌人たちを俎板に載せ

この本で語られているのは「塚本邦雄に代表される戦後」のことである。 「近代短歌にくっきりとした終止符を打ったのが、塚本邦雄に代表される前衛短歌運動であった。近代短歌と現代短歌をどこで分けるのかについては、短歌史上でもなお諸説があるが

こんにちは。岡井隆・塚本邦雄が代表とされている「前衛短歌」の意味がよく分かりません・・。教えてください。よろしくお願いします・・。 下記サイトに次のような解説がありますが、参考になります

――短歌に出会ったきっかけは、学生時代にあったと思うのですが。 穂村 : 一緒に住んでいた男友達が、塚本邦雄という歌人の歌集を読んでいて、のぞき込んだら真っ白い紙に一行しか言葉が書いていない。そこに、異常な感じがしたんです。