Windows 10には、いわゆる「Redstone 4(RS4)」のような機能アップデートではなく、仕組みそのものに手を入れた「次期バージョン」が開発中との

Windows 10 The Latest:【次期Windows 10最新動向】2020年春リリース予定「20H1」機能アップデートの概要 その状況をまとめてみた。

2015年7月29日、無償アップグレードという形で登場し、9月4日にはパッケージ版も無事に発売されたWindows10。初期は様々な問題が報じられていましたが、それも相次ぐアップデートでおおむね解消されてきたようです。 さて、そのWindowsですが「今回で最後、Windows11は出ない」という話が飛び

Windowsの進化はパソコンの進化とも言われるぐらいに、会社・個人のパソコンに多く普及してきたWindows。 次期OSの名前はRedstoneになるとのことですが、果たしてどのような形のものが出来上が

米Microsoftは6月19日(現地時間)、次期バージョンの「Microsoft Edge」をWindows 7/8/8.1向けにもプレビュー公開した。現在、毎日アップデートされる

ニュース. 次次期Windows 10は2019年上期登場。コードネームが“19H1”に ~Windows MR HMDを外さずに現実世界がのぞける機能が追加

新機能を搭載したoffice 2019が登場

次期Windows Serverに搭載予定の新型コンテナを知る OS ジャンルのセミナー 【オンライン】 1月22日 Windows 10移行/運用の課題を簡単解決!

Microsoftマイクロソフトは次期OSにWindowsウィンドウズの名称は使用しないそうですが、なぜWindowsブランドを捨てるのですか?Windowsのブランド価値を捨てるメリットって何があるのですか?Windowsは有名ではあるが動作が遅いなど良く

Nov 20, 2017 · Windows 10を使う限り、更新に費用が掛かることはないと思います。 次期OSについてはわかりません。Microsoft自体もWindows 10以降のOSの開発に取り組んでいるとも思えませんし。

Read: 8965

SuperSite for Windowsというブログサイトが伝えたところによると、次期Windows「Threshold」は2014年4月の開発者カンファレンスで発表され、2015年春に製品

今年登場予定のWindows 10 Ver.1903は、現在19H1としてプレビュー版が公開されている。この19H1には、「予約済み記憶域」(Reserved Storage)と呼ばれる

Windows 10(ウィンドウズ テン)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよび8インチ以上のタブレット用のオペレーティングシステム (OS) である。 バージョンやエディションによってサポート期間が異なるので注意が必要である。

ソースモデル: クローズドソース

Windows 10の次期大型アップデートである「May 2019 Update」が、リリースへ向けて歩みを進めている。その動きを追った。

マイクロソフト、次期Windows 10からセットアップ中のCortana音声ガイドを無効に このまま徐々に活躍する場が少なくなっていき、フェードアウトし

過去の多くの問題点を解決し、また様々な新機能が追加され過去最高のWindowsになるとも噂される『Windows10』。 今まで約3年ごとに最新版のOSを出し続けてきたMicrosoftだが、この『Windows10』が“最後のWindows”になると明言している。つまり『Windows11』はない

Windows 10 Insider Preview Windows 10のヤバい進化、次期バージョン19H1からProでも更新の延期が不可能に?(更新) Windows 10のヤバい進化、次期バージョン19H1からProでも更新の延期が不可能に?(更新) 2018 11/17 ; 28 以前からユーザーがWindows Updateを触れなくする動きがあり

Jan 18, 2019 · 2019年上半期にリリースされる予定の次期Windows 10(19H1)ですが、「無変換」「変換」キーでIMEをオン・オフできるようになりそうです。とっても便利ですので、今のうちに慣れてお

Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。第20回は次期OfficeとなるOffice 2019のサポートOSについて推考する。

次期Windows 10 (19H1)において、Cortana以外の音声アシスタントが、ホットワードで起動可能になるかもしれません。 Windows 10で動くCortana以外の音声

米Microsoftは8月20日(現地時間)、次期「Microsoft Edge」のベータ版がWindows/Macで利用可能になったことを発表した。“Canary

次期Windows 10のアップデートで処理能力重視の「Ultimate Performance」モードが追加される見込み. 2018年3月から4月頃にリリースとみられるWindows 10の

もう古いOSは使わせない!Intelの次期CPUはWindows 10以外サポートしません. 2016.01.19 19:00

マイクロソフトは、「Windows」次期バージョン「Threshold」のテクニカルプレビュー版を9月下旬または10月初旬にリリースすると予想されているが

次期OS「Windows 9」の正式名称は「Windows TH」か? Microsoftは次期Windows OSを2014年9月30日に開催されるプレス向けイベントで発表する予定ですが、その

この項目「Microsoft Windows Server 2016」は途中まで翻訳されたものです。(原文:en:Windows Server 2016#Version_history 05:49, 6 December 2015 (UTC)) 翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページや履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。 要約欄への翻訳情報の記入をお

ソースモデル: プロプライエタリ

Windows 10 の新しい機能を調べて、イノベーションがこれまでになく改善された理由をご覧ください。最新の Windows 10 の内容を確認して、最高のアイデアを実現してください。

5/5(2)

今年も残り3週間少々。当サイトのコメント機能が復活し4ヶ月くらい経過しており現在50ユーザ。本日深夜5名様案内になるので計55アカウントへ。メールしてログインしてという面倒さにも関わらず多くのコメントご希望に驚いております。日曜なので最近の気になったニュース5つくらい。

米Microsoftは28日(現地時間)、Windows 10 Insider PreviewのFast ring向け次Buildへ、「Timeline」機能を追加すると発表した。 Timelineは、5月にBuild 2017にてデモさ

Windows 10の2018年秋の大規模アップデートの配信は再開されましたが、リリースされてから発覚したトラブルとしては最も重大と言えるものが出る形になってしまいました(現在は修正済み)。

米Microsoftは米国時間2014年9月30日、次期Windows「Windows 10」を発表した。同社が「Threshold」のコード名で開発を進めていたもので、多くのメディアが「Windows 9」の名称になると予測していた。10月1日にパソコン向け技術プレビュー版の提供を開始し、その後、サーバー向けと管理製

こんにちは。 当サイト管理人のAsterismです。 2014年9月30日(現地時間)に次期Windowsの「Windows10」が発表されました。 なぜWindows8.1の次のOSは「Windows9」ではなく「Windows10」なのでしょうか?それは Windows

2019年5月下旬公開の「Windows 10」次期アップデートは、IT管理者によるインストールの管理機能が復活する。その重要度について、専門家が解説する。

Windows 10の2018年秋の大規模アップデートの配信は再開されましたが、リリースされてから発覚したトラブルとしては最も重大と言えるものが出る形になってしまいました(現在は修正済み)。

次期Windowsでは3つのOSから、すべての画面サイズに対応する1つのOSにまとめるからね (原文) “We will streamline the next version of Windows from three operating systems into one single converged operating system for screens of all sizes,”(出所:ZDNet米国版)

Windows 10のインサイダープレビュー版は順次新しい要素が投入され続けています。ただ、次回の大規模アップデートでは目玉となるような大きな新機能の導入はなさそうです。ここまでに大規模な新機能の投入はありません。

米Microsoftは9月1日(現地時間)、Windowsの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を10月17日に、ワールドワイドで提供開始すると発表した。

2019年5月のWindows10の次期大型アップデートの注意点 ディスクの空き容量が少なすぎてWindows10のバージョン1903にアップデートできない場合、Windows 10のバージョン1809はHome、Pro、Pro for Workstationsという各エディションでは2020年5月12日に、Enterprise Editionおよび

Microsoftは米国時間3月20日、次期「Windows Server」(「Windows Server 2019」)の初のプレビュービルドを公開した。 このリリースをテストするには

次期の大きなアップデートは、「レッドストーン」というコードネーム。 2016年にも登場するといわれています。 このコードネームのOSでは、最新技術である「ホロレンズ」などへの対応も目玉になりそうです。 Microsoft confirms there will be no Windows 11 | TechRadar

Windows Server のリリース情報 Windows Server release information. 11/12/2019; この記事の内容. マイクロソフトのサービス モデルが更新されました。 Microsoft has updated its servicing model.

「次期Windows」(the next version of Windows)が,ARMベースのSoC(System-on-a-Chip)を正式にサポートする。 これは米ネバダ州ラスベガスで現地時間2011年1

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。またまた次期Windowsがらみの流出ネタが出てきました。Windows8から次期Windows(たぶんWindows9)へのアップグレードは無料になるとのことです。Neowinによれば、Micr

北米時間2014年9月30日,Microsoftは,次期Windowsとなる新OS「Windows 10」を発表した。Windows 8.xの後継なので,次期Windowsは“Windows 9”だとまことしやか

Windows 10の次期バージョン Windows 10 Fall Creators Update は、2017年9月の公開が予定されていますが、新バージョンでは廃止・非推奨となる機能があります。 Windows 10 Fall Creators Updateで廃止・非推奨となる機能マイクロソフトが公開した情報では以下の機能が対象になります。

Windows 7 がリリースされた 2009 年 10 月 22 日に、Microsoft では、Windows 7 の製品サポートを 10 年間提供することをお約束しました。この 10 年の期間が終了するとともに、Microsoft では Windows 7 のサポートを終了します。

Microsoftが10月26日のイベントで発表しそうなもの。新型Surface PCから次期Windowsまで予想まとめ! 2016.10.26 19:45

Windows 10の次期バージョンは1903となり、2019年4月に公開予定のようです。 Windows 10次期バージョンは1903半年に1度バージョンアップされる予定のWindows 10ですが、次期バージョンはバージョンナンバーが1903で、2019年4月に公開される予定です。 各バージョンは公開後18ヶ月でサポート終了Windows 10の

Microsoftは2017年秋予定の「Windows 10」次期大型アップデートで「SMBv1」をデフォルトで無効化する。同社はこの決定の理由が、最近拡大したランサム

Jun 15, 2017 · 次期 Windows Server は Semi-annual Channel の ver 1704。次期 LTSC の時期は未定 (2019 年以降か?) Windows Server 2016 は LTSB (Long Term Servicing Branch) という位置付けで、Nano Server だけはもっと短い Current Branch for Business (CBB)

「Windows 10」がリリースしてから、4回目の大型アップデートがもうじきやってきます。 大型アップデートの存在を知っているユーザーは少ないですし、まして、タイミングが4月、10月と年2回あるという事さえも知りません。 このめんどくさい、更新作業が、年に2回あることだけは認識しておい

存在感を回復してきたMicrosoftですが、次世代「Windows10」では中国などでの海賊版対策に新手を考えているようで、興味深い状態になっております。

Windows 8/8.1の後継は、うわさされたWindows 9ではなく、数字を1つ飛ばしたWindows 10となる。 次期Windows OSの名称は予想外の「Windows 10」 Windows 10は、テーマとして「1つのプロダクトファミリー、1つのプラットフォーム、1つのストア」を掲げる。

Windows 10 をライセンス認証する場合、詳しくは「 Windows 10 のライセンス認証 」をご覧ください。 更新プログラムのインストールで問題が発生した場合は、「 Windows 10 の更新に関する問題のトラブルシューティング 」をご覧ください。

次期大型アップデート「Redstone 5(RS5、バージョン 1809)」も順調に開発が進んでいる様子。 そんな中、Microsoftがベルリンで行なわれているIFA 2018にて、次期大型アップデートの名称が「Windows 10 October 2018 Update」になることを正式に発表しました!

Windows 10次期アップデートで削除される機能たち マイクロソフトはWindows 10 Fall Creators Updateから削除されたり、削除が予定されているアプリや機能

Windows 7 と Office 2010 の延長サポート終了まで約 2 年 (それぞれ 2020 年 1 月と 10 月に終了) に迫り、今回 Windows 10 のサービスの延長、Office 365 ProPlus のシステム要件の変更、次期オンプレミス版 Office のリリースと Windows の Long-Term Servicing Channel (LTSC) リリースの

Win 7販売終了で、PC買い換えるべき最適な時期は?来春の次期OS見極め後かのページです。ビジネスジャーナルは、IT、Windows, マイクロソフト

マイクロソフトは24日、Windows Phoneの次期メジャーリリースとなるコードネーム「Mango」を発表しました。プレスリリースも出ています。発売は2011年秋を予定しています。Mangoに搭載された新機能は500以上となっており、中

リリースから3年を経た「Windows 10」についての現在の評価や、間近に迫る次期アップデートに関する情報を整理する。